道聞かれ顔

 お見舞いからの帰り道。


 雨は未だ降っていたけど、もうかなり小降りになったから歩く事にした。

 

 温かい春の雨の中、買ったばかりの花模様の傘を差せば気持ちは自然と弾んでくる。

 


「良かった、あの調子なら今月中には退院出来そうよね」

 


 そうそうそれなら退院祝いを考えよう……そんな事を思いながら歩いていたら。

 


「あの、すみません」

 


 交差点で声を掛けられた。

 


「はい」


「道を教えて欲しいんですが」

 


 まただ。

 

 何故だか私は、よくこうして声を掛けられる。所謂『道聞かれ顔』らしい。

 

 だからこんな状況には慣れっこだったけども、さすがに次の一言を聞いて固まった。

 

 

「すみませんが、あの世への道を教えてもらえませんか?」

 

「え?」

 

 

 咄嗟に周囲を見回す……でもこう言う時って大概、私一人なのよね。

 

 

「……えっとぉ」

 

 

 とりあえず一つ、深呼吸。

 『あの世』への道を聞いて来た人は焦れる様子も無く、そんな私の様子を見守っている。

 

 ……落ち着け、自分。まず状況を把握する事からよ。

 

 

「ごめんなさい、ちょっと確認なんだけど」

 

「はい」

 

「『あの世』って、『あの世』の事ですか?」

 

「そうです。『この世』に対する『あの世』です」

 

「じゃあ、あなたはもう生きてない?」

 

「はい」

 

 

 背中を冷たい物が一筋。

 彼女の足下を見る。

 

 

「でもあの……足、ちゃんとあるじゃない」

 

「ああ、そうらしいですね」

 

「“らしい”って、自分で」

 

 

 自分の姿くらいは見えるでしょ?と言おうとして、彼女の顔を真正面から見て……

 

 違和感を感じた。

 色付き眼鏡のその奥。ある筈のものが両方とも、無い。

 

 

「……」

 

 

 人間、驚きすぎると本当に声が出ないモンなのね……

 

 そんな私の様子が伝わったんだろう、彼女は少し寂しそうに笑って、自分にも言い聞かせるように、ゆっくりと説明してくれた。

 

 

「私は、暫く前に交通事故で人生を終えました。全身を強く打ったのが直接の原因だったそうなんですけど、その時に事故の衝撃で飛び散ったガラスの破片か何かで両目も潰れてしまったらしいんです」

 

「じゃあ、ひょっとして」

 

 

 今も?

 

 

「はい、見えてないんです」

 

 

 どうやって私に声をかけたのかしら?

 

 

「私が虫の息で運び込まれたのが、さっき貴女が居た病院だったんです。この状態になったのは少し前なんですけども、私は病院からなかなか動けませんでした」

 

「なぜ?」

 

「……怖くて」

 

「怖い?」

 

「はい。下手に動き回って行き先を間違えたらどうしようって思って……私、元からすごく恐がりなんです」

 

 

 そうね、怖い物は怖いのよね。見えなくなれば余計に……。

 

 

「でも気配というのは何となく分かるようになったんです。それでさっき、病院で貴女の気配を感じた時にピンと来たんです」

 

「何を?」

 

「よく人に道を尋ねられるでしょう?」

 

 

 どんな気配を纏ってるのよ私。

 

 

「貴女は、色んな場所への行き方を知ってらっしゃるから。ピンと来たんです」

 

「まあ確かに自分でも『道聞かれ顔』だと思うけど」

 

「ああ、やっぱり!良かったわ」

 

「でも、申し訳無いけど流石に『あの世』への道は分からないのよ?」

 

 

 其処が肝心。分からないモノは教えられない。がっかりさせちゃうけどどうしようも無いもの……でも予想に反して、彼女の口はニッコリと笑みを象った。

 

 

「ええ、そんな無茶は言えないと思ってます。でも貴女は私の存在を認めてくれて、こうして話もしてくれてる。それだけでもとても有難いんです」

 

「じゃあ、道については心当たりが?」

 

「心当たりというよりも、生前に聞いた事があるんです。雲の切れ間から差し込む陽の光を浴びれば『あの世』への道が通じると。それを試したいんです」

 

「あ、そう言う事」

 

 

 その条件に当てはまりそうな場所へ連れていって欲しいのね。

 

 

「分かって頂けますか?」

 

「何となくだけど。快晴でもダメなんでしょう?」

 

「だと思います。『雲の切れ間』がポイントらしいので」

 

「なるほどね」

 

 

 だいたい納得。振り仰げば、視界に入るのは高層ビルに切り取られた矩形の、今はどんよりとした灰色の空。

 

 ここら辺はこんな感じな場所ばかり。

 晴天なら勿論(時間帯によってだけど)日光が地上まで届くけど、何だかそういうイメージでもないし……あ、午後からは晴れ間が出るって天気予報で言ってたっけ。

 

 

「そしたらP川に行きましょ」

 

「P川?」

 

「あ、知らない?」

 

「すいません。私、出張で此処に来ていたもので、地理に明るくなくて」

 

 

 だから余計に動けなかったのかも。それは心細かっただろうな。

 

 うん、とことん付き合っちゃうわよ。

 

 

「河川敷が結構広くて見晴らしが良いのよ。ちょっと距離はあるけど」

 

「そうなんですね。はい、ついていきます」

 

「じゃあ早速、行きましょうか」

 

「はい!」

 

 

 P川の近くまで移動するなら地下鉄が便利。

 彼女には私のバッグの持ち手を握ってもらう事にした。

 歩きにくいかなと思ったけど、其処は流石ね。足を動かさなくても地面を滑るように、すーっとついてくる……ま、私以外の人には見えてないみたいだし、電車賃も要らないでしょ。

 

 このまま行っちゃえ。

 

 

++++++++

 

 

「そろそろ着くわよ」

 

「そうですね。空気が全然違うのが分かります」

 

 

 駅から地上に出た時には、もう雨は殆どあがってた。

 川面には水蒸気が立ち籠めてて、河川敷はちょっと幻想的でステキな雰囲気。

 

 土手に生えてるものは花だろうが雑草だろうが、今が伸びるにうってつけと言わんばかり。草いきれの匂いがするのが何とも言えず心地良い。

 

 

「故郷の匂いがする」

 

 

 彼女はうっとりした様子で言葉を零した。

 

 

「そう?」

 

「ええ。故郷にもやっぱり大きな川があって、自然がいっぱいでした。

 本当の田舎って言うんでしょうね。この辺りみたいな街も無くて、ずっと向こうの方まで田圃が続くような、そんな所でした。

 就職してからずっと戻らない侭だったから、今思えば勿体無かったような気もします」

 

「ご家族は、そっちに?」

 

「はい。今でもそこに住んでます。農業をしてますから色々と大変みたいですけど」

 

「そう……」

 

 

 彼女の話を聞きながら、私は改めて空を見上げた。

 

 雨はすっかり止んだ。雲も少しずつ薄くなり、空は明るさを増している。

 ただ、雲の流れがかなり速いのよ。日の差す地点に上手く入り込むのはちょっと難しいかも。

 

 

「あ……」

 

 

 彼女が何かに気付いたらしく唐突に口を噤んだ。

 

 

「どうかしたの?」

 

「あの……誰か、こっちに向かって来てる感じがするんです」

 

「え、そう?」

 

 

 慌てて周囲を見回してみたけど、それらしき人影は見当たらない。

 ジョギングしてる人や犬の散歩をしてる人はちらほら居るけど、私達の方に来る人は無いし。

 

 

「気のせいじゃない?」

 

「いえ、確かに感じます」

 

 

 控えめな印象の彼女だけど、これはキッパリと言い切った。

 それならきっと、間違い無いんだわ。

 

 

「方向、分かるかしら?」

 

「ええ。たぶん……向こうの方から」

 

 

 言って彼女が指差した方角には、待望の雲の切れ間。

 地上にひとすじの光が差し込んでいた。それがゆっくりとこちらに移動してくる。

 

 ……これ、ひょっとして。

 

 

「ねえ、その気配、こっちに近づいて来てるのよね?」

 

「はい」

 

「それに集中出来るかしら?」

 

「あ……ええ。貴女とよく似た感じがしますから」

 

 

 きっと、行き先を知っている。

 

 

「じゃあやってみて?貴女の言ってた道に繋がってるかもしれない。

 大丈夫、私はここに居るわ」

 

「はい、分かりました」

 

 

 私には感じ取れない気配。

 私と似ているという、その気配。

 

 

 彼女の見えない視線が追う先に、ひとすじ、またひとすじと光の帯が現れ近づいて来た。

 

 

(お迎えだわ)

 

 

 天から伸びて来る光の道。人は『天使の梯子』と呼んだりする。

 

 あれ、本当の事だったのね。

 

 

「あ……何か、引っ張られる感じがします」

 

 

 少し脅えたように、彼女が私に告げる。改めて見れば、確かに少しずつ彼女は移動していた。

 でもその先にはきちんと光が当たってる。だから私は安心してと声をかけた。

 

 

「大丈夫。そのまま集中しててね」

 

「……はい」

 

 

 ゆっくりと川面まで移動した所で、遂に彼女は空から差し込む光に照らされた。

 その光景は、丁度彼女がスポットライトを浴びてるようで……悲しみは無く、ただただ感動で胸がいっぱいになった。

 

 

「あ、見える!見えます!!とっても明るくて、キレイ……!!!」

 

 

 歌うように彼女は叫び、掛けていた色付き眼鏡をむしり取る勢いで外す。

 

 そこには、涙に潤む綺麗な黒い瞳。

 

 

「貴女の事もよく見えます……良かった、最期にこうしてお顔を拝見する事が出来て」

 

「うん。私も何か、とっても嬉しい。良かった!」

 

「はい!本当に、どうも……ありがとう……」

 

 

 彼女の言葉は光に溶け、川面に差す陽光がすうっと空に昇るように消え去ると同時に彼女の姿も消えていった。

 

 そして、私の目前に新たなひとすじの光。

 誘われるように地面に目を落とせば。

 

 

 四つ葉のクローバーが、春の風に揺れていた。